2020年03月26日

剪定枝で燻製を作ってみる

外出を自粛しても出来る趣味


P3080034.JPG
世の中自粛モードで誰もがもやもやしている今日この頃です。私も家にいる時間が長くなって趣味の園芸作業もやることがなくなってきましたので新しい趣味でも始めようかと思ったときにふと目に留まったのが冬の間にため込んだ果樹の剪定枝。例年だとただ捨てるだけだったこの枝ですが有効活用できないかと思いついたのが燻製。燻製といえば煙で燻すくらいのイメージだったのでなんとなく焚火して出た煙を囲えばいいのかと思っていたのですがどうやら違うようです。燻製初心者が一から始めた剪定枝を使った燻製の記録を紹介したいと思います。

チップを熱して煙を出す


燻製に関して食材を燻す程度の知識しか持っていなかったのですが最初から間違っていたのがその煙は木を焼いて出た煙を囲うのではないということ。燻製用のチップが売られているのは見たことがあったのですが以前から「こんなのに火をつけたら数分で燃え尽きて灰になるやろ。1回作るのに何袋買わんにゃいけんのよ」と勘違いしていたのです。燻製のことを検索していくとどうやらこのチップは直接燃やすわけではなく熱源にあてて煙を出させるものらしい。なるほどだから熱が通りやすいようにわざわざあんなに細かく砕いた状態で使うのね。つまり大量の剪定枝を焼いて煙を出させるつもりだったのですがそんなに量は必要ないらしいしこんな太くてかさばる枝では熱するのも効率が悪い。出鼻をくじかれてしまいましたがそれでもなんとかやってみることにしたのでした。

一斗缶で燻製


ネット検索すると手作りの燻製の方法を紹介されている方が多いです。専用の燻製器を使っている方もいれば段ボール箱で作る方法、台所にある器具で簡易的に作る方法などなどありましたが私の希望としてはどうせやるなら高火力でも対応できてそれなりの大きさの食材でも入る物がほしい。そうなると段ボールは燃えてしまいそうだし、鍋なんかだと食材を置けるスペースが制限されてしまう。かといって捨てるはずだった枝の有効利用のために何万円する屋外用の燻製器を買うのはなんか違う気がする。ということで最終的に落ち着いたのが一斗缶です。ホームセンターと100円ショップに行って必要な材料をそろえてきました。

一斗缶はネットで買った方が良かったかも


ホームセンターでは置いてあった一斗缶は1種類だけ。人生でそんなに一斗缶を買う機会もないのでこんなものかと購入しましたがあとでアマゾンで検索してちょっと後悔しました。ホームセンターで売ってた一斗缶はこんな感じ↓

このままだと使えないので上の部分を缶切りで切り落とし別売りの蓋を購入しました。
P3080027.JPG
ところがアマゾンをみるとこんなセットが売っています↓

アマゾンに売ってた一斗缶
最初から穴が開いてるし蓋がセットになっている(しかも安い)。こんなセットが売ってるのにわざわざ人混みの中へ繰り出して不便なものを買ってきて不要なごみを出してしまったのかとちょっとテンション下がりました。

燻製用に一斗缶を加工


気を取り直してさらに一斗缶の加工です。ベーコンのような大きな食材だと金属製のフックにひっかけて上から吊るすのも良いみたいですがなにせ私は燻製初挑戦の素人。無難なところでゆでたまごとチーズからチャレンジしてみることにしました。100円ショップで一斗缶に入るサイズの網を購入し一斗缶の側面からネジ式の釘を差し込み網をのっけるような感じに仕立ててみました。
P3080025.JPG

燻製に使うチップ代わりの枝を加工


上の写真で網の下の方に入っているのが主役の剪定枝。理想はチップなのですがガーデンシュレッダーでもないと剪定枝をチップ状にするのは困難です。手間はかかりましたが剪定ばさみで1本ずつ細かく切ったり割ったりを繰り返してそれなりに表面積を拡げてみました。P3080021.JPG
これを一斗缶の底に敷き詰めその下から加熱して煙を出させ一斗缶に充満させて燻す予定です。

七輪で下から炙る


もともと七輪は持っていたので廃材や剪定枝を燃やして熱源とします。
P3080028.JPG
一斗缶の中には細かくした枝を敷き詰め食材をセットします。食材はゆで卵とチーズです。
P3080033.JPG

燻製初挑戦その結果


七輪の上に一斗缶をセットし加熱し始めます。
P3080036.JPG

一斗缶の隙間から煙が漏れてきているので剪定枝から煙が出てきているのは確かだと思うのですが・・素人なので火加減も時間もよく分かりません。
温度計もないので中の状態もよく分からないのですがもともとゆで卵にしろチーズにしろそのまま食べられるものですので黒焦げになったり溶けて落ちてしまったりということがなければ合格ラインです。成功の期待より失敗の不安の方が大きかったためとりあえず5分くらい加熱し5分くらい余熱でおいてみました。その結果がこちら。
P3080039.JPG


おお!色がついてる


燻製初心者としては色がついているってだけですでに感動レベルです。さらに味ものっていれば言うことなしです。とりあえずチーズを一口・・・

「・・・俺は今モーレツに感動している

なんと上品なスモーキーフレーバーでしょう。これは今まで食べたスモークチーズの中で1番美味いです。私もともとスモーキーフレーバーってあまり好きじゃないので保存食を作る以外に燻す価値ってないと思ってました。今回も剪定枝の有効活用とか外出自粛で暇だからといった理由から始めたことでそんなに燻製が食べたい!って強い思いがあったわけじゃなかったんですが・・。これははまるかもしれません。

スポンサードリンク

posted by suiyaki at 18:01| 果樹栽培 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする